*

知っておきたいランニング 効果

私の場合は学生時代は中高と陸上部に所属していて、専門は長距離でした。毎日朝練があり1時間程走った後に授業を受けて、放課後も毎日2時間程部活動の時間があり、また土日も練習や試合があるといった感じでしたね。

 

これから毎日ランニングをすることで得られる効果について説明していきます。ちなみにランニングとは1キロを5分以内のスピードで走ることを指し、それに対してジョギングは5分以上の時間をかけてゆっくりと走ることを意味します。

 

当然部活で走るとなるとアップやダウンなどはジョギングで走ることもありますが、練習メニューの大半は持久力アップとスピードアップの為のランニングです。その他にも実は様々なメリットがランニングにはあり、脂肪を燃焼することが出来るのでダイエットにも最適です。

 

ランニングというのは道具も不要でロードなら場所も選びません。その上走るだけなので技術もいらないので誰にでもすぐに行うことが出来るのが魅力と言えます。実際に毎日走っていた頃は体脂肪は10%を切っていましたし、育ち盛りということもあり1日3食しっかり食べた上でおやつを帰宅途中に買い食いまでしていましたが体重が増えるという心配は無用の生活でした。

 

さらにランニングをすることで生活習慣病の予防をすることが出来ます。運動を定期的にしないと血液はドロドロになりますし、肥満は高血圧、糖尿病の原因となります。ですがランニングをすることで運動不足の解消をすることが出来て健康的になることが出来ます。

 

その他にもランニングをして汗をかくことで体内の老廃物を排出することが出来るので肌荒れの改善、予防効果が期待できます。ランニング後にしっかりと洗顔をして汗を流せば美肌を目指せます。あとランニングをすることで免疫力を高める効果があります。ただしあまり負荷をかけ過ぎるのはNGで、適度な運動がベストです。また普段運動をしない人がランニングを始める時は短い時間や距離からスタートして徐々に時間と距離を伸ばしていくのがポイントと言えます。

 

免疫というのは体に侵入するウイルス、細菌を排除する機能で免疫力が低下したら病気や風邪にかかりやすくなるので、健康の為にも美容の為にもランニングをすることを勧めることが出来ます。それ以外にもランニングを続けると筋肉がつくので基礎代謝がアップして痩せやすい体になれるのも魅力です。

 

私は社会人になってからは毎日ランニングをすることは出来ませんが、それでも休みの日とか定期的に行うことで体型と健康の維持に努めています。

食前に夜ランニングすれば痩せれる

タグ :


コメントする